翡翠は6000年に続いている世界で唯一の文化財です。その特徴は、中国の伝統文化の価値を反映します:固く引き締まり、毅然とし、思いやりがあり、洗練されている。翡翠文化から引き出された人間中心主義は、オーロラグループの企業文化をも映しています。

オーロラグループは1965年に台湾で設立されました。私たちの製品ラインアップはOA設備、家具、およびコミュニケーションの分野、および他の関連分野を含んでいます。我々の協力的な才能を元にして、我々はブランドの認知の確立と商品流通の確立を努力します。過去30年間、オーロラグループは熱心に古代中国の財宝を収集し、保護することに努めてきました。

我々の文化の保護がこの会社の関心事で、持続可能な発展が我々の動機です。



2010上海万国展覧会 震旦館

パビリオン: 震旦館
テーマ: 中華玉文化・都市新風格
パビリオンの面積: 3000平方㍍
場所: Dゾーン
パビリオン概況: パビリオンは二階の建築、白をメイントーンにして、巨大で美しい玉のようだ。屋上で、高さ6メートルの「紅山玉人」という模型が立てられました。
展示内容: 震旦館のアイデアは、思想家の孔子が玉についての思いからです。
つまり、玉が十一徳を持つことで、後継者が「仁、義、礼、智、信」という五徳をまとめました。
その五徳を導入すると、同館は人の「仁愛、義挙、礼儀、知恵、信用」という人徳をめぐって、
現在都市の新風を述べ、上海万博のテーマ「より良い都市、より良い生活」を見せます。